二重治療はカウンセリングが必須【理想のラインを医師と共有する】

パッチリ目にするために

女性の目元

目元の整形の種類や目的

美容整形の中でもベーシックな整形方法として二重の施術が挙げられます。目が一重で小さく見える場合、まぶたにラインを作ることによってパッチリ目を実現させることができるのです。目元の整形方法はいくつかあるのですが、二重の施術として代表的なものが切開法と埋没法です。切開法に関しては施術名から見ても分かる通り、切開してラインを作る方法です。メスを使用してまぶたを切ることによってラインが完成しますので、半永久的に持続するメリットがあります。また、まぶたに厚みがある人でも行える施術なのですが、場合によってはまぶたの脂肪を吸引してから行うことになるでしょう。費用に関しては20万円から40万円程度で行えます。埋没法の場合はメスでまぶたを切ることはしません。専用の糸を使用してまぶたを留めていくことによってラインを作る施術なので、施術後の回復は切開法に比べて早く、手軽に行える施術としても人気です。費用は5万円から20万円程度で行えるので、若年層にも需要が高い二重整形でもあります。目元の印象が変われば顔の印象はガラリと変わります。目を大きく見せるメイク方法を普段から施している人ならば、二重の美容整形をしても周りに違和感を与えることもないでしょう。二重にすることが出来るノリやテープなども市販されていますが、メイクを落とすと元の状態に戻ってしまいますし、近くで見るとノリやテープが見えてしまうというデメリットがあります。しかし、美容整形の場合は根本から変えることが出来るので、メイクを落としてもパッチリ目を維持することができますし、日々のメイク時間も短縮させることが可能でしょう。美容外科によって推進している整形の手法や費用、そして保証内容などがことなります。何かあっても対処してもらえるように保証の充実しているクリニックを選ぶことをおすすめします。切開法の場合はしばらく赤みや腫れが生じるケースがありますので、目立たないような処置や薬を処方してもらえるかどうかも確認しておきましょう。埋没法の場合は糸が切れると元の状態に戻る可能性が高いので、期間内に糸が切れた場合、対処してくれるクリニックを選ぶと安心です。