二重治療はカウンセリングが必須【理想のラインを医師と共有する】

納得の施術プランを提供

医者と看護師

身体に安心のアプローチ

一重まぶたを二重にする整形手術を依頼する場合には、きちんと事前に各種の事情を医師に相談することが大切です。特にまぶた周辺の肌の状態に関しては、きちんと状況を確認してもらうことができれば、術後のケアがスムーズに進行するので、必ず患部の状態を多角的に医師に理解してもらいましょう。二重まぶたにする施術には複数の種類が存在しているので、予算や術後のスケジュールなどを考えて、最適な手法を選択することが大切です。特にスケジュールの管理はとても大切なファクターとなっており、痛みや腫れが持続してしまうと、直接的にスケジュールに影響を与えてしまうので、細かくスケジュールに関して医師に相談をして、影響が出ない形で手術日時や施術プランを設定してもらうと良いです。基本的に美容整形外科ではきちんとインフォームドコンセントを徹底しており、患者側にとって有益な情報を細かく丁寧に説明しているので、各種の施術プランに関して納得した形で申し込めます。もちろん予算的な面のコントロールも可能なので、予算内で処置を完了してもらえます。二重まぶたにする際には基本的に埋没法と切開法という2つのアプローチが存在しており、それぞれの手法によってアフターケアの進め方が変わってきます。埋没法を用いて二重にする場合には、きちんと状況を確認して身体に違和感がないのかをチェックできれば、ケアを継続的に実施する必要はありません。仮に違和感があった場合にも、簡単な処置で状況を改善することができるので、埋没法は安心安全のアプローチということができます。切開法はまぶたに対して外科的な処置を行うことから、術後に継続的に対策を講じる必要があります。ですがきちんと各種の準備を実施して、患部の状態を管理してくれるので、スピーディーに腫れと痛みに対処可能です。美容整形外科のクリニックでは、様々な形でダウンタイムの対応を実施しており、痛み止めなどを処方してくれることが多いので、ストレスを感じることはありません。また手術が完了してから何度も受診をすることができるので、患部の状態を細かく確認しながら綺麗な状態にしてくれます。